就職活動の髪型

就活の髪型

就職活動は辛く厳しいもの。採用面接で落とされると自分自身を全否定されたようで、精神的なダメージは半端ないものとなります。自分で「面接はばっちりだった」と思っても、何日か後に不採用通知が届いたりすることもザラです。

1通の不採用通知でも相当ショックを受けるのに、それが何社か続くと本当に自信を喪失して、自分は卒業までに内定をもらえるんだろか、就職浪人することになるのでは・・と不安になります。周りのみんなが内定をもらい始めてくると、さらに不安は増してきます。しかし、それは就職活動をした誰もが経験していること。「私の良さがわからない会社ならこちらから願い下げ」くらいの強気で、くじけずに挑戦し続けていきましょう。場数を踏んでいくうちに度胸がついてきて、面接のコツをつかんできます。

就職面接で最も大事なのは、短い面接の中でどのように面接官に良い印象を与えるか、ということです。就職活動の面接に関しては多くのマニュアルにもあるように、面接時のルール、時事に精通していること・意見や考えをはっきり述べるスキル・自分をアピールするスキルなど、たくさんのことを学ばなければいけません。

しかし数分という短い面接の中で印象形成に一番に影響を及ぼすのは「身だしなみ」です。いくら良いことを言っていてもヒゲが生えていたり、髪の毛がボサボサだったりするような人には良い印象を抱きません。

就職活動の身だしなみには長い年月で培われてきたルールがあります。服装・髪型・メイク・持ち物などです。就職活動をしている人が皆同じような格好になるのは、この基本的なルールに則った結果です。この「基本的な身だしなみ」はあくまでも「基本」です。出来たからと言って面接でプラスに加算されることはありませんが、出来ていない場合はマイナス点となります。

本当に入りたい会社で、身だしなみが微妙だったから、なんて理由で不採用になったら悲しいものがあります。身だしなみは就活を始める前に完璧にしておき、就活中は、自分の中身を磨くことに集中しなければいけません。以下では、就活における身だしなみにおいて、就活生誰もが共通して悩む「ヘアスタイル」についてまとめました。


bisque36001 at 10:11|Permalink就活の髪型 

就活の身だしなみ

就職活動における面接では、きっちりとした身だしなみをしていることは「当たり前」となり、逆にだらしない格好をしていれば「減点ポイント」となります。最終選考で、条件を同じくする2人のどちらに内定を出そう、という時に「こちらの方が身だしなみがきちんとしていたから」と、最終的な決め手になることは実際にあります。

以前テレビで、モデルの美女が2人、一般の就活生の中に紛れて面接をするとどうなるか、という面白い企画がありました。このモデルたちももちろん黒髪とナチュラルメイクで、普段の華やかさを消した就活モードになっています。彼女たちは、たとえばアメリカの大統領の名前を間違ったり、わざと時事問題で間違った発言をし、あまり頭の良くない風を装って面接を受けました(もちろん面接官も、彼女らがモデルであるということ、わざと間違った発言をしていることは知りません)。それでもそのモデルの美しい容姿と笑顔は他の就活生の中でピカイチで、最終選考で面接官が選んだのはそのモデル2人でした。

これはつまり、面接という極めて短い間に人を見極めなければいけないときは、どうしても外見が印象形成の重要要素になってしまうということです。人と人は出会って数秒でその人の印象を形成しています。心理学にもあるように、「ネガティブ・バイアス」と言って、相手の好ましい特徴よりも、好ましくない特徴の方が印象を形成する上で強く働くという人間心理があります。良い点がいくかあっても1つ悪い点があれば、悪い印象を抱きやすいというものです。第一印象はほぼ外見で決まってしまいます。このとき悪い印象を持たれれば、いくら良い質疑応答ができたとしても、短い面接で挽回していくのは困難です。

やはり身だしなみは就活の全ての基本なので、就活の身だしなみルールに則ってしっかりとコーディネートしていきましょう。


bisque36001 at 10:10|Permalink就活の髪型 

就活の髪型(男)

就活中のヘアスタイルについて、男女別に見ていきます。

まず男性の場合。短く切り揃えられた髪形が基本になります。長い前髪や襟足はおしゃれなヘアスタイルですが、就活ではご法度となります。女性の場合は業種によって茶色い髪も許される場合がありますが、男性の場合は必ず黒い髪でなくてはいけません。また前髪やもみあげも短めに。とにかく清潔感があることが条件です。フケなどがスーツに落ちているのは問題です。

さっぱり感たっぷりのボウズも「非常識」になってしまうのが就活です。ボウズにすることで強面に見えてしまう人もいるし、周りからは浮いてしまいます。「なぜボウズなのか」と説明し面接官を納得させるだけの理由やこだわりがあるのであれば、逆に高評価になる可能性もありますが、あまり冒険はせずに、スポーツ刈りくらいまでは伸ばしておくことをオススメします。

毎年就職活動の時期になると、それまでチャラチャラしていた学生の多くが「就活仕様の髪型にしてください」と美容室に訪れるようです。数多くの就活生の髪型をこなしてきた美容師・理容師の人にお願いすれば、間違いない就活仕様の髪型にしてくれます。その際には、もみ上げの長さなどもしっかり見てもらいましょう。

また髪型には関係ありませんが、眉毛についてです。男性はメイクをしないから難しいところだと思いますが、個人的には男性は眉毛はそろえず、そのままの太眉でいるほうが好感度が高いです。眉毛はキリっとしていれば意思が強そうだし、八の字であれば優しげな印象となります。眉毛の形は印象を決める上でとても重要で、思いっきり人工的な眉毛はどうも奇妙で、また就活のスタイルから浮き上がってしまいます。できれば自分のオリジナルの地眉毛で決めてほしいと感じます。極太であっても八の字であっても、ナチュラルな眉毛は人柄がにじみ出ていて、年配の面接官にとっても印象の良いものだと思います。


bisque36001 at 10:08|Permalink就活の髪型 

就活の髪型(女)

次に女性の髪形について見ていきます。

基本は、流行に左右されないナチュラルな髪色にし、清潔な印象を与える髪型にすることです。さすがに巻髪や、高い位置でのポニーテールやお団子、強いパーマヘアーの人はいません。女性であれば髪形はオシャレの重要なポイントで、お気に入りの髪型にできないのはツライものですが、就活はたった一時のものです。希望する企業に入社するためにも、早めに就活仕様の髪型にシフトチェンジしましょう。

女性の場合は、ミディアム〜ロングの長さの人は、たいてい低い位置に1つに束ねて、前髪はピンでしっかり留めていることが多いです。これが一番没個性的で、清潔感があるように思います。このとき前髪を留めるヘアピンはなるべく目立たないように、耳の横の辺りで留めましょう。正面からピンが見えていると、中学生のように見えてしまいます。

またお嬢様ヘアーと言われる、トップだけを束ねて、後ろ毛はそのまま下ろしているような髪型があり、この髪型は上品に見えます。しかし肩よりも長い場合は、全部まとめてしまった方がさっぱりしていて良いでしょう。髪の長さは、挨拶をしたときに顔に髪がかからないくらいの長さであれば下ろしていてもよいですが、顔にかかってしまうようなときにはしっかりと結びましょう。

おでこを出すと知的かつ開放的な印象を与えます。女性はおでこを出したほうが魅力的なので、出来る限りピンで留めて、オープンな印象を与えましょう。

また地毛が茶色っぽい人がいますが、就活中は少し黒っぽく染めて見たほうが無難かもしれません。学校などでは地毛が茶色いと説明することはできても、面接中に敢えて「地毛です」と説明する時間なんてありません。だったら、不自然でも最初から周りと同じように黒めにしておけば、余計な心配をしなくて済みます。


bisque36001 at 10:06|Permalink就活の髪型 

業種による就活の違い

一般的にスーツを着て勤務をするような「サラリーマン」と呼ばれるような企業の面接では、かならず上記のような髪型での就活となります。男性であれば短髪・黒い髪、また女性の場合であれば黒髪を1つに束ねる、といったような基本的な就活スタイルです。

このように就活時のヘアスタイルは、いわゆる「野暮ったいもの」が求められます。その方が採用する側にとっても安心感があるからです。一方、華やかさを求められる仕事、アパレルやクリエイティブ系などでは実は上記のようなスタイルよりも、少しアレンジを加えたり、洗練されたような印象を与える髪形が受け入れられたりします。もちろんこういったオシャレな社風の企業であっても、面接時は就活の基本スタイル(黒髪・短髪)が一番安心です。しかしあまりに野暮ったくなりすぎるのも選考判定材料になるので、あくまでも、野暮ったさの中にも光る「洗練さ」を押し出してみてください。

またIT関連や広告業界、マスコミ関係、出版系、などは比較的自由な服装での勤務となる企業は、就活でのスタイルも、サラリーマンタイプの企業よりはゆるくなるようです。しかし、面接では社会人としての常識が問われます。会社側としても、就活中に就活スタイルに染まらず自分のポリシーを貫いているような人は、確かに大物になるかもしれないけれど、入社後に問題を起こすような不安もあります。

やはり就活中は、髪型や外見で個性をアピールするよりも外見は無個性に徹して、中身で勝負するのが一番です。


bisque36001 at 10:04|Permalink就活の髪型 

就活で内定を得る方法

ここまで就活中の髪型について見てきましたが、ここでは就職活動を始めるにあたり、最低限用意しておくべきものをまとめます。

就職活動は、冬から夏にかけて行います。冬にはコートを羽織れば良いので、スーツは夏でも着れるような薄手のものを用意しておくと良いでしょう。社会人になっても着たい、と考えてスーツを購入することはオススメできません。あくまでも就活用として、周りから浮かない無難な黒の無地のものを1、2着選ぶと良いでしょう。結構汗をかいたりするので、着まわしができるようにワイシャツや最低2セットくらいは持っておくのがベストです。

また、面接中などカバンを地面に直に置くことが多くなりますので、そのまま立っていられるようなマチのあるデザインのものがオススメです。よく「POTER」などカジュアル系のカバンを就活に使っている学生がいますが、やはり無難な就活用のものを用意したほうが良いでしょう。靴は、必ずきれいなもので面接に挑みたいものです。結構チェックされていることが多いのが足元です。雨の日など汚れやすいので、かならず靴と靴下は2足以上は揃えておきましょう。

前述しましたが、身だしなみは「就活の基本のキ」です。スタートラインに立つためには必ず整えなければいけないものです。それ以外にも、自分の意見をはっきり言えること、堂々としていること、自分を上手にアピールできること、一番大事なのはやはり「自信を持っていること」だと思います。

就職活動は本当に面倒くさいもので、精神的にハードなものです。しかしたった1回きりの就活なので、「あの時ああしていれば・・」という後悔のないようにしたいものです。実は内定をもらったあとの人は、就活中の我慢の反動で金髪になったり、凄いパーマをかけたりして楽しんでいます。社会人になったら、もうそんな髪型もできないので、そうやって卒業までは最後の学生生活を謳歌します。就活が終われば、肩の荷は降り、あとは卒業まで楽しい日々が続きます(卒論さえ終われば)。どうか最後まで自信を失わずに、たくさんの企業の面接にトライしてみてください。


bisque36001 at 10:02|Permalink就活の髪型 

就職活動の髪型

就職活動の髪型

就職活動髪型について質問されることが多かったので、就職活動髪型についてまとめてみます。

誰がなぜ私に就職活動髪型について質問をするのかというと、私の学校の後輩です。

いわゆる私はキャリアウーマンです。そして私の卒業大学から弊社への就職というパターンがけっこう多くて、そのために大学の後輩たちから、かなりいろいろな質問が寄せられます。就職活動髪型も、その中のひとつです。

そして就職活動髪型って、あまり正解がないというか、これだというものがないものでもあります。そこで「就職活動髪型をどうしたらよいのか分からない」という声を後輩からよく聞くのです。

そのために、私がいつも就職活動の髪型について後輩にアドバイスすることをここに整理をする意味を含めて、書いてみます。そして後輩たちにもこれからこのブログを参照してもらえれば、毎回私が就職活動の髪型について説明をしなくてもよいので、便利ということでもあります。

いちおう就職活動の髪型についていろいろなポイントを書きますが、あくまでも私が働いて感じてきたこと、そしてそれも私の勤めている会社が目安になっていると、まず了解してください。けれどもここでいう就職活動の髪型については普遍的なことも多いので、それなりに役に立つと思います。


bisque36001 at 18:00|Permalink就職活動の髪型 

就職活動の髪型

就職活動の髪型(女)

就職活動髪型についてですが、ここでは女性の就職活動髪型について語っていきます。

これは私の卒業大学が女子大であること、そして学生が皆、女子大生であることが大きな理由です。それに男性の場合は、女性ほど髪型のバリエーションはありませんから。

では、散文的になりますが、私が就職活動髪型(女性)について大切だと思うことを書いていきます。

まず何よりも清潔感だと思います。これは当たり前と言えば当たり前ですが、就職活動髪型についてはまずこれを大切にしてください。かわいくみえるとか、流行だとか、そんなことも気になるかもしれませんが、清潔感が犠牲になるのなら、質素な髪型にした方がよいと思います。

自己主張も大切ですが、社会ではまず集団の中で生きていくことを重んじなければなりません。就職活動の髪型と割り切って、お洒落心を捨ててしまうのも一つの方法です。就職活動の髪型は、内定が決まるまでのものですし、入社すればしたで、また少しずつ周りをうかがいながら、お洒落に精を出すのもよいと思います。

ですので、就職活動の髪型としては、まず清潔感を重視です。この1点からだけでも、かなりどのような髪型にしたらよいかが、おのずから分かってくるのではないかな?と思います。


bisque36001 at 18:00|Permalink就職活動の髪型 

就職活動の髪型

就職活動の髪型の基本

就職活動髪型について、前回はまず清潔感を大切にしてくださいと書きました。

それに付随して、後輩たちから就職活動髪型について多くもらう質問の中に、髪の色についてもよく聞かれます。就職活動髪型では定番かもしれません。

面接官は、けっこう髪の色もチェックしています。もちろん言わずとしれた黒がベストだと思います。派手なカラーをいれている人は、黒に染め直したほうがよいかもしれません。

髪の色で採用不採用が決まるの?と言われれば、そうとも言い切れませんが、就職活動髪型で失敗したのかな?とあとで後悔をしたくないのなら、できれば黒を基本に考えたほうがいいと思います。

それからロングヘアの女性の場合ですが、これは結んだ方が良いと思います。私も長いこと会社に勤めているので、面接をする人の就職活動の髪型についての考え方が分かるというか、同じような考え方になってきています。

これは就職活動をずっと続けていくうちに、女子学生側も同じような意見を、就職活動の髪型についてはもつようです。つまり髪の長い女性は、一つ結びがよいと思います。ポニーテールとかサイドテールとかではなくて、一つ結びです。

就職活動の髪型の基本として、ロングの女性は覚えておいてください。


bisque36001 at 18:00|Permalink就職活動の髪型 

就職活動の髪型

就職活動の髪型のポイント

就職活動髪型について書いています。このブログを見てもらえれば、就職活動髪型についての迷いがなくなるようにと思って始めたのですが、なかなか先にすすみませんね。

就職活動髪型といっても、ポイントがたくさんあります。結局どれも、就職活動髪型のポイントとしては大切なので、丁寧に説明していきますね。

さて、就職活動髪型のポイントですが、ロングの女性について、もう少し補足しておきます。就職活動の髪型としては一つ結びがよいと言いましたが、お団子にするのもポイントが高いと思います。

ペンで文字を書いたり、お辞儀をしたりする機会がいろいろとありますが、そのようなときに顔にかかった髪をかき上げるのは、なるべくしないほうがベターです。就職活動の髪型のポイントとして一番最初にあげた「清潔感」、これを減じてしまう恐れがあるからです。その点お団子なら、安心です。

就職活動の髪型として、髪の長い女性はお団子が無難だと覚えておいてください。お団子にすれば髪の長さは隠れます。それについてとやかく言われる(言われないかもしれないけれど)こともなくなります。

何度も言うようですが、「清潔感」これを基軸に考えれば、かなりのことが分かってくると思います。もしここに書かれていること以外で迷うことがあれば、就職活動の髪型のポイントは清潔感だと思い出して対処してください。


bisque36001 at 18:00|Permalink就職活動の髪型 

就職活動の髪型

就職活動の髪型の重要性

就職活動髪型について書いてきました。まだまだ就職活動髪型について書きたいことが、たくさんあります。

ここで就職活動髪型の重要性、つまり面接官に何を見られるのかを話しておきたいと思います。会社は仕事をするところです。お洒落などは二の次、三の次です。

なのでたとえ美しい髪の人でも、短くしておいたほうがいいです。肩にかかるのなら、長いと思ってもよいかもしれません。

就職活動髪型として、美しく長い髪がいけないということではありませんが、「髪の手入れに時間がかかっていそうだな」→「仕事をちゃんとしてくれるのかなこの人」などと思われては元も子もありません。

就職活動の髪型から、相手の面接官はそこまで探りを入れてくる可能性があります。髪はしっかりとまとめて顔もしっかり出す、そしていかにも仕事をしそう、仕事をしっかりこなしてくれそう、そんな雰囲気を漂わす就職活動の髪型が望ましいと思います。

就職活動の髪型として、あれはダメ、これはダメ、ばかりだと嫌になってしまうかもしれませんが、このように相手の考え方を推測すれば、何となく、じゃあ就職活動の髪型としてはどうすればよいのかが分かってくると思います。

たかが就職活動の髪型です。そんなところで、自分の評価を下げてしまわないようにしたいものです。


bisque36001 at 18:00|Permalink就職活動の髪型 

就職活動の髪型

プライバシーポリシーの説明

クッキー、ウェブビーコンを使っているページや広告がサイトの中にあります。

クッキーとは、サイトを訪問する人のコンピューターを識別するためのデーターです。クッキーを送付することによって、訪問する人のコンピュータを記録できます。しかしクッキーの使用により、訪問された人の使っているコンピュータの識別は可能になりますが、ある特定の個人を識別することはできません。クッキーを活用すると、以前に訪問された人が、再度サイトに来てページをご覧になるときの利便性を向上させられます。ちなみにクッキーは現在、数多くのサイトで使用されています。

ウェブビーコンは統計情報(サイトの利用のされ方やアクセスなど)を知るために使用されます。クッキーと一緒に働き、特定のページへのアクセスを知るために使われます。ウェブビーコンもクッキーと同様に、個人を識別することはできません。

訪問する人は、ブラウザーの設定の選択でクッキーを無効にすることができます。またすでにあるクッキーの削除もできます。ブラウザーに備わっているヘルプの、クッキーについての項目をご参照ください。クッキーの削除により、サイトの機能の一部が使えなくなることもありますので、その点はご了承ください。


bisque36001 at 21:26|Permalink